HOME » 予定表など» 台風時の対応

台風時の対応


台風警報時における登校・避難について

1 名古屋地方気象台から尾張東部のいずれかの市町暴風警報が発表されている場合。(尾張東部の市町とは、名古屋市、日進市、東郷町、長久手市、尾張旭市、豊明市、瀬戸市、春日井市、小牧市、犬山市である。)

(1)午前6時30分までに警報が解除されたときは、平常通り登校する。 (2)午前6時30分から午前11時までの間に警報が解除されたときは、
  解除後直ちに登校する。授業は警報解除の2時間後に開始する。
(3)上記の場合でも通学路の冠水・河川の増水等により登校が危険なとき
  や交通機関の途絶等により登校が困難な生徒は、登校しなくてよい。
(4)午前11時をすぎても警報解除にならないときは、その日の授業は行
  わない。
(5)登校途中で警報が発令されたことを知ったときは、すぐに帰宅する。
(6)土・日曜・祝日・休業中に警報が発令されたときは、登校してはいけ
  ない。
暴風警報発表時の授業

2 授業中に警報が発令された場合は学校の指示に従う。

3 その他の注意

(1)警報の発令が予想されるときは、自転車の使用は控える。
(2)家族や付近の学友に事故があったときは警報解除後なるべく早く学校
  に通報する。