HOME » 学校案内 » 教育目標など

教育目標

  
 幅広い知識、ゆたかな情操、調和のとれた健全な心身を養い、郷土と日本のよき伝統・文化を継承し、広く国際感覚を身につけた次代を担う人材の育成を目指す。

 ア 郷土を知り、日本を愛し、世界に飛躍する若人の育成を目指す。 
 

 イ 校  訓
自然に学ばむ

 文化に学ばむ

   己に学ばむ


校章・校花・校歌

 校章
 天白の「」という字には、天に舞い飛ぶ白鷺の姿に似た花のサギソウがあしらわれ、「」という字は、本校の建つ丘(権現山)と発展の灯火とに図案化されています。
 明るく、強く、和をもって校風と伝統の創造に励むことが祈念されています。
校花「サギソウ」
 ラン科の植物で湿地に自生し、夏に清楚な純白の花が咲きます。白鷺が双翼を広げて飛ぶ優雅な姿に似ています。 かって、この地域に咲き誇っていたといわれます。

校歌

課題・重点目標


自ら限界をつくらず、今の自分を超えようと努力する生徒の育成を図る。

◆本年度の標語
「自分を超えてその先へ」

ア 主体的な学びを引き起こす授業改善の工夫

(ア)知識・技能に基づく問題解決を促す場面を設定する。
(イ)生徒同士の共感的人間関係を促す言語環境を醸成する。
(ウ)ICTを活用する場面を設定する。

イ 豊かな人間性を育む教育活動の工夫

(ア)自己肯定感、自己有用感を育む活動を設定する。
(イ)自分を律し、他を思いやる態度を醸成する。
(ウ)自己決定の場を与え、自己の可能性の開発を援助する。

ウ たくましく生きるための心身の健康保持・増進の工夫

(ア)命の大切さを深く考え、思いを実践する態度を形成する。
(イ)病気、けが、事故を減らす生活習慣づくりを援助する。
(ウ)学習意欲の向上や責任感、連帯感の涵養等に資する部活動を展開する。

エ 充実した教育内容を無理なく継続する経営システムの工夫

(ア)職員間の協力・引き継ぎ体制の在り方を点検し、協働して業務に当たることができるよう工夫する。
(イ)業務改善に向けての取組を行い、教職員の健康維持に配慮して在校時間の適正化を図るなど、多忙化の解消に努める。



生徒の概要


学年別男女別生徒数

(平成30年4月1日現在)


通学区域別生徒数

(平成30年4月7日現在)


沿革

昭和52年(1977) 開校、井川四郎校長
開校記念式
昭和53年(1978) 運動場整備完了・体育館工事完了
昭和54年(1979) プール工事完了
昭和58年(1983) 三谷五三校長
昭和61年(1986) 杉田英介校長
創立10周年記念式典
平成元年(1989) 金谷鎬二校長
平成 3年(1991) 創立15周年記念行事
平成 5年(1993) 岡本勤校長
平成 8年(1996) 石井政一校長
創立20周年記念式典
平成10年(1998) グラウンド改修
平成12年(2000) 鈴木孝和校長
平成13年(2001) 創立25周年記念行事
平成15年(2003) 寺澤仁史校長
平成18年(2006) 創立30周年記念式典
平成20年(2008) 森田耕治校長
平成23年(2011) 山﨑実興校長
平成25年(2013) 宮澤健二校長
平成28年(2016) 創立40周年記念式典
平成29年(2017) 杉浦佳子校長